不動産担保ローンの条件

不動産担保ローンを借りる時、銀行や企業等は様々な条件をつけます。
これは不動産がちゃんと担保として活用できるようにするためです。

せっかく担保にしていても、税金の滞納や火事などで不動産を競売にかけられたり、価値がなくなったりしたら大変だからです。

もちろんお借り入れの時に満20歳以上でなければなりません。
更に70歳未満という事も多いです。

日本国籍や外国の方でも永住権を持っている方、安定した収入がある方が対象となります。

さらに税金の滞納がないかどうかは納税証明書等の提出を求められ詳しく審査されます。
後、建物の場合、火災保険の加入も条件に入っている事が多く、入っていない場合は火災保険に加入しないと借りられないということもあります。

さらに、団体の生命保険への加入が義務付けられる事もあります。
事務手数料も必要なので、手続きは面倒だと思われるかもしれません。

このように不動産担保ローンには様々な条件がつくことがありますが、その分、良い面も多いです。

他のローン等より審査がとおりやすいというのもその一つです。

また、返済期間が数年から数十年と長期返済が可能なので、毎月の支払いが自分の返せる金額に設定できます。

さらに保証人が原則不要なケースもあるので誰かに迷惑をかける事もありません。

不動産等の資産をお持ちなら、これらを上手に利用するのもよいでしょう。

まずは信頼できる銀行等に相談されてシュミレーションしてみる事が大切です。