不動産担保ローンの保証料

不動産担保ローンを借りる時には保証料というものが必要になる事があります。

保証料とはローンが借主の都合で返せなくなった場合、保証会社が支払うというものでこれなら大金を貸した方はどちらから返してもらっても結局はお金が戻ってくるので、安心というわけです。

通常、この保証料は借主が借りたお金の中から差し引かれるのが一般的です。

数百万円程度ですと保証料も数万円程度ですが借りる金額が大きくなると保証料の金額も増えます。

数千万円借りる場合では数十万円の保証料が差し引かれるということもあります。

しかし、貸す方は保証料がないと最悪不動産を競売することにもなりかねませんので安全の為にも保証をつけないと貸さないという事も条件の中に含まれている事があります。

不動産担保ローンを行っている銀行や企業の中には保証料や事務手数料が無料という所もありますので探してみてください、ただし、その分金利が高いということもありますので良く内容を比較する必要があります。

誰でも自分が損してまでお金を貸してくれる事はしませんので注意しましょう。

このような保証料や保証会社との手続きは本人確認書類や様々な個人情報が必要になる事があります。

不動産のローンを専門に扱っている業者の中にはあまり評判の良くないような所もあるので信頼できる会社かどうか見極めてから契約をするようにして下さい、また、保証料も異常に高いような場合は注意した方が良いでしょう。